ベビーマッサージ・モンテッソーリ

​おすすめな理由

ベビーマッサージの利点

聞いたことがありますか?

​ふれあうことって何だか良さそう!

 

そう感じて下さっている

のではないかと思います。

 

そのとおりなんです♪

 

ベビーマッサージには

赤ちゃんがこの世界に生まれてから

すぐに経験させてあげたい

良いことがたくさん!!

 

でも良いことにも、

大事な注意点もあります。

 

あなたと、あなたの大切なお子さんとの

コミュニケーションが

より良いものになりますように。

親子の絆が深まります。

いつからでも遅ということはありません♪

親子の絆が深まるベビーマッサージは、

赤ちゃんが安心できる

お母さんやお家の方にしていただきます。

 

お子さんの気持ちや身体の状態にしっかりと

気持ちを向けてタッチをすると・・

お子さんの気持ちが手から伝わってきます。

 

赤ちゃんの代表的な感情表現は泣くことが
中心ですが

どんな気持ちで泣いているのかな?

が分かると

育児に自信が持てるようになります。

 

オムツかな?お腹空いたかな?

淋しいのかな?

びっくりしたのかな?・・

 

まだ小さな赤ちゃんは、泣くことで

そのときの感情を伝えてくれています。

 

この泣く行為が長く続くと

ママも困ってしまい

早く泣き止ませたい!と思うものです。

 

産後のママは初めての

慣れない育児で大変ですから、

一緒に泣いてしまうこともありますね。

 

ベビーマッサージをしていると、

オキシトシンという幸せを感じるホルモンが

赤ちゃんにもママにも分泌されるため、

ストレスが抑えられて

心が軽くなってきます。

 

そして・・

 

赤ちゃんの泣くという行為を

ママも落ち着いて

受け止められるようになります。

 

赤ちゃんは、優しくて落ち着いたママに

抱かれていることに安心します。

 

赤ちゃんもオキシトシンによって

ストレスホルモンが減少するため、

泣いている時間が短くなるかもしれません。

ママ自身のために。。

ただ、そっと触れてみませんか♪

産後のママは、出産という命がけの時間を

過ごした直後から育児がはじまりましたね。

 

まだまだ産後の休みたいときに、

小さな命を守る

重大な任務がはじまっているのです。

 

そしてそのどれもが

経験したことがないことばかり・・

 

それでも頑張らなくてはいけないのです。

 

上手に周りのひとに

頼れないひともいるかもしれない。

 

出産と同時に女性ホルモンの減少による

気持ちの不安定とも

つきあわなくてはいけないですから、

心もカラダもとっても頑張っています。

 

ベビーマッサージで、

ただお子さんにふれてみませんか?

 

はじめは、ただただ触れるだけ。

そのうち赤ちゃんが何か

話してくれるかもしれないし、

ママの手にそっと触れてくれるかも。

 

ママはそれをただ受け入れて

触れてあげるだけでいいんです。

 

触れる方法はたくさんありますが、

触れやすいところに手を

置いておくだけでもいいのです。

 

そうしたら、何か感じたり、

もっと触れたくなったり、

気持ちがふわっとしたり。。

 

といった変化を感じるかもしれない。

 

そして、普段とは少し違う

感情に出会うかもしれない。

 

ここは人それぞれでいいのです。

 

赤ちゃんのためのベビーマッサージだけど、

ママ自身のためにただ、

そっと手でふれてみてくださいね。

 

そのうち、だんだん赤ちゃんのことを

よく見られるようになってきたら・・

赤ちゃんも笑っているかもしれません♪

 

気づかなかった赤ちゃんの

成長に気付いたり、

知らなかった場所にホクロを発見したり。

 

何だか今日はおじいちゃんに似ているとか

そんなことを思うかも。

 

赤ちゃんがママに触れてくれたら、

ずっと触れてもらっていてくださいね。

 

赤ちゃんにもできることがあるんですよ♪

 

ママの気持ちを癒すこともできるんです♪

 

ママをじっと見て

幸せな気持ちをプレゼント

してくれるかもしれない。

ママの指をギューって握って、

ママのことも

マッサージしてくれるかもしれない。

 

でもそういういろいろを後回しで、

 

ただね、

初めはそっと触れてみてくださいね。

赤ちゃんのストレスを軽減する。。

地球に生まれてから何日たったかな?

​ママのお腹のなかで、羊水に守られて

自由に動いていたカラダだった赤ちゃん。

 

出産という大きなお仕事を

ママと一緒にがんばって

生まれてきた地球には、

なんて重い重力があるのだろう!!!

 

あんなに動けていたのに、

手足が重いよー頭も重いよー。

 

元気よく泣いてから

始まったばかりの肺での呼吸など

赤ちゃんにとっては

たくさんの初めてがいっぱいです。

 

想像してみただけでも、

とっても大きな変化ですね。

 

地球に生まれてから何日ですか?

まだ少ししかたっていないんですよね。

 

だから、ママの手で触れてそのストレスを

軽減してあげられたら嬉しいですね。

動かしやすいカラダでママを

しっかり見つけられる!

お布団に寝かせるとき、

お母さんのお腹でまるまっていた赤ちゃんの

背中が伸びてちょっと泣いてしまうかも。

 

そうするとまた抱っこ。

 

お布団に寝かせられずにずっと1日中

抱っこをしているママも

多いのではないでしょうか?

 

産後すぐのママにとっては、

まだ小さな赤ちゃんが

とても重く感じるくらい、

ママのカラダも頑張っていますね。

 

赤ちゃんが心地よくお布団で眠るために

少し工夫してあげられます。

 

重力で思うように動かせないからだが、

ママのタッチでほぐれて気持ち良くなると

 

良い眠りや

手足・首・頭が動かしやすくななりますよ。

 

動かしやすいカラダになったら、

頭をまんなかや、いつもと反対側にも

向けられるようになって、

 

ママのお顔も

しっかり見つけることができます。

 

動かしやすい手でママに手を伸ばしたり、

おもちゃに手がのびるようになります。

 

ママに抱っこ!って言いたいな。

おもちゃにさわってみたいな。。と

赤ちゃんの心も楽しくなります♪

呼吸が深くなると、良いことが

いっぱい!

・・・

便秘解消・消化吸収に働きかけて

元気もりもり♪

​・・・

モンテッソーリを

取り入れた育児について

​・・・

問い合わせ

​zoomまたはJR大船駅へ通学で学ぶ

募集中*資格取得講座

■ベビーマッサージ指導者養成講座

■赤ちゃん体操 指導者養成講座

​■胎教&親子パステルアート指導者養成講座
■チャームカード・ナビゲーター養成講座

© 2023 by Nick Erickson Physiotherapy. Proudly created with Wix.com