ふれるほど愛おしくなる


空日和(からびな)大野さと子です。

赤ちゃんが生まれて

無事に元気に泣いてくれたことに

嬉しくてほっとして・・


胸に抱かせてもらえた瞬間の

初めて肌にふれたときの感動を

覚えていますか?


それはそれは・・

今まで感じたことがないほどに

愛おしさが溢れてきますね


ふれることで、いつでもあふれてくる

愛おしさという感情は

オキシトシンというホルモンが関係しています。


産後の身体を回復させてくれたり、

母乳を作るために働いてくれたり

幸福な気持ちで包んでくれたりする

幸せホルモンです。


触れられた側にも、触れた側にも分泌されて

お互いの絆を深める安心感や信頼にもつながります。


日々ふれあいながら、

わたしたちは、親として子どもへの愛情を

どんどん深く深くしていると感じます。


それは、ずっと続く親子の特別なコミュニケーションです


お子さんは自分がとっても大切にされていて

この地球に生まれてきたことを心から

祝福されていることを感じます。


触れるときの、その触れ方で

お子さんは愛されていることをちゃんと

受け取ることができます。



^^^


うちには「そら」という名前の猫くんがいます。

娘が思春期がやってきて感覚過敏になったころに

うちに迎えた癒しの存在です。


それはそれは、もふもふとやわらかくて

のんびりな性格は見ているだけでも和みます。


うちに来てすぐに、

娘が、ねこアレルギーということが

判明してしまいました。


娘は自分のお部屋に招き入れたり、

頻繁にふれることが

できなくなってしまったのです。


それ以来、

そらは良い距離でおつきあいしてくれています。


でも、ときどき、にゃーにゃーと

「なでて~」と特別に甘えた鳴き方で

娘を見上げます。


娘がお風呂に入る前のタイミングのときには

しっかりなでなでしてもらえるので

その時を楽しみにしているようにも感じます。


いつも見ているはずの 可愛い「そら猫くん」をなでながら

娘は「あぁ~生きているんだね」と 言ったことがあります。


あたたかさに触れながら、

いつもそばにいる、そら猫くんが

本当に生きているんだと

しっかり感じたんです。


やっぱり可愛いね~と言いながら

その手の感覚から、命を感じ

ふれる前よりももっと!愛おしさがあふれます。


触れることは、感情に大きく影響しますね。


どのように触れるか、触れられるかも

とても大切です。


ーーーーーーーーーーー


5月17日に

乳幼児タッチケアの基本を

90分でお伝えする講座を開催します

どうやって触れるのか?

いつ触れるのか? どんな利点があるのか? 注意する点はなに? などなど・・・お伝えしますね♪

詳細・申し込 https://coubic.com/karabina/889820#pageContentみ

お問合せ

JR大船より徒歩15分 横浜市栄区笠間3-24
karabina@sage.ocn.ne.jp  |  Tel: 080-3009-3984

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon

© 2023 by Nick Erickson Physiotherapy. Proudly created with Wix.com