学校に行きたくないって言う日に。。


karabina 

「学校に行きたくない」「幼稚園休む」そんなふうに言い出す朝 もう時間は迫っているし、どうしよう? 母としてすごく大切な任務は、元気に送り出すことでしょうか♪ そうかもしれない。 甘やかさないで、時間どおりに送り出す。 「休みたい」なんてただのワガママで、これを許したらいつまで続くかわからない! そう思うかもしれませんね。

子ども達って、今のことをただ安心できるママに言うんです。きっと。。 それは、ワガママかもしれないし、ただ甘えているだけかもしれないし。

ただ、今、そういう気持ちだってことを、今、伝えているんですよね。 そっか・・行きたくない気持ちなんだね、それはどうしてだろうね?

こっちに来て座ってみようか、 何かお手伝いできることはあるかな? 少しだけ、今のその気持ちをちょっと受け取ってあげて一緒にその気持ちを じっと見つめてあげる時間を持つことは、いけないことかな。

甘やかすことなのかな。。 わたしは、そうは思わないんです。 私は学校が大好きで、お家よりも学校の方が安心で ママが大好きで離れたくないとか、そういう気持ちが無かったので 逆にそういうお話を聞くと、とってもとっても、どうして離れたくないのか?

学校にいきたくないのか?すごく興味がわくんです。 子ども達は、時間がたくさんかかるけれど いらない質問をはさまなければ、ゆっくり自分の知っている言葉で

話だします。

それには、すごく時間が必要です。


お茶を入れて、しっかりと聞く体勢になって過ごさないと それは聞けないくらいに、こどもたちにはただ聞く時間が必要です。

きょうは、学校にいきたくない気持ちになっているけれど あしたはそうじゃないかもしれない。 この気持ちはずっと続かないかもしれない! 心配ごとは、おこらないかもしれない。


だって、今の気持ちをただ今話しているだけだもん。 すぐにこのことが将来の大きなことを左右するほど大変なことだと

想像をふくらまさないでね。 その想像が、今そのがんばって伝えようとしている言葉を

受け取れなくしてしまうから。


学校に行きたくないって言ったら 作業の手を止めて ただ隣に座って、

そっか、お話しようねって時間を持てますように。。

問い合わせ

© 2023 by Nick Erickson Physiotherapy. Proudly created with Wix.com