お教室の誕生日は、2008年10月

スタートしたとき、お教室名は【sakoyoga】でした。

名前で伝わるとおり、

ママヨガからスタートしたお教室です。

私は娘を授かる半年前から、

2008年10月・娘が幼稚園の年中さんになるまで

専業主婦でした。


お教室開催を考えたきっかけは、

娘を2才のときに初めて

一時預かりの保育園に預け、

参加したヨガ教室に行ったときでした。

 

ヨガでじぶんの気持ちに向き合ったとき、娘に会いたくなった

いつでも膝の上に座って、

ずっとべったりだった娘と

 

離れる時間を持ちたかった私は、

 

保育園の一時預かりに頼り、

その当時とても興味のあったヨガに

行くことにしました。

 

参加してみると、

もともと機械体操部だった私にとっては、

得意で大好きな分野でした。

 

思い切りからだを伸ばし、深呼吸をして、

最後に横になっていたとき・・

音もなく静かな空間で

まず込み上げてきた気持ちは

 

「あぁ娘に会って抱っこしてあげたい」

 

でした。

と同時に、涙があふれ止まらなくなりました。

 

どうしてだろう?

悲しいのかな・・嬉しいのかな・・

 

涙がどんどんあふれてきます。

 

じぶんの時間を

こんな風にゆっくりと過ごしたのは、

どれくらいぶりだろう。

 

淋しいと泣きながら頑張って

一次預かりの保育園に行ってくれた娘への

感謝で胸がいっぱいになりました。

 

不思議な感覚に出会った私は、

帰宅してパソコンでさっそく調べてみたんです。

 

検索ワードは【ヨガ 泣く】

 

そうして出てきたたくさんの記事のなか

目にとまったのは、スタジオヨギーのHPでした。

 

ヨガをしっかり学んでみたい!

スタジオヨギーでは、3つのコースで

しっかりヨガインストラクターまでの資格を取得しました。


専業主婦だった私にとって、

この講座の料金はとても高かったため

パパと娘を連れてガイダンスを聞きに行きました。

 

パパは応援すると言ってくれましたが、

全て合わせて軽自動車が買えるほどの出費は、

将来ほんとうにインストラクターとして

活躍できるのか??

 

分からないなか出してもらうことが申し訳なく、

ドーナツやさんで早朝の5時~7時半まで

娘が寝ている間パートをしたこともありました。

 

ほんの少しの収入でしたが、

じぶんの気持ちと折り合いをつけるため

ヨガが大好き!!お教室開催まで必ず続ける!!

と心に決めることができた数か月後に

やめました。

お友達と一緒に

ヨガをしていたときに自信をもらった

毎朝一緒にウォーキングをしてくれていた

お友達と、公園でヨガをするようになりました。

 

とっても気持ち良くて、

お友達にインストラクターに向いていると

言ってもらったことが、

今の私がある原点です。

 

夢に向かって進む決意を固め

このヨガを届けたいのは、

私のようにママと離れると泣いてしまう
お子さんを育てているママたち。

 

ほんの少しの時間でも

じぶんと仲良くする時間を持ってもらいたい!

 

日に日に想いは強くなっていき、

わたしが自身も変わっていくのでした。

夜空を見上げて歩いた日

小さなころから、

両親からの愛情を感じられずに育った私は、

いつも下を見て歩いて居ました。

 

大人になっても・・

すれ違う人が誰だったかなんて

全然わからないくらい。

 

そんなある日

 

ヨガのトレーニングの帰り道にふと

夜空を見上げて深呼吸しながら

歩いて帰ったことがありました。

 

あぁ、いつも空はこんなに広くて

私の上にあったんだな

 

って気が付いたんです。

 

それにもうひとつ気づいたことがあります。

 

子育てをして、娘を毎日抱っこしていた日々は、

こうやって私も抱っこしてもらってた日があったことを、

娘が教え続けていてくれたんだ。

 

そう思えた日から、

どんどん心も変化していったのです。

​ヨガのデモクラスを開催する

ヨガのインストラクター養成コースは

最後にデモクラスを開催する

課題がありました。

 

パソコンが得意だった私は、

チラシを作成し、日程を決めて

幼稚園のママ友達に配りました。

 

場所は自宅。

週2日ほどのクラスをスタートしました。


もちろん初めは無料です。

 

ママ友達が子ども達が幼稚園に行っている間に

参加してくれました。

とっても楽しくて充実している反面、

 

毎回・毎回、反省の繰り返し。

 

これで良かったのかな・・

もっとできたのではないか?

満足してくれたかな?

 

不安に押しつぶされそうになりながらも、

友人たちの笑顔に助けられ、

次回も予約してくれるという

嬉しいご褒美が背中を押してくれました。

お金をいただくプレッシャーで

眠れない日々

ヨガのインストラクター養成コース卒業後

ヨガを始めてから2年たっていました。

この頃には自分自身のヨガを
楽しみ、

生活の一部となっていたので

「一緒にヨガを楽しみませんか?」

という気持ちに迷いはありませんでした。

 

でもこの強い思いが

自分自身を苦しめることもあったのです。

【sakoyoga】というお教室をスタート

1人1回700円でお教室をしていました。

 

場所は近くのマンションの貸し部屋を

2時間700円で借りて開催。

 

多い日は友人の口コミで8名ほど

参加してくれる時もあり、

小さなお子さん連れの方も増えてきた頃、

 

1回きりでもう来なくなってしまう方、

数回来たあと会えなくなった方も出てきました。

 

その当時の私は、

来てもらえなくなってしまったこと

そればかりに向き合い

 

どうしてだろう?と悲しみでいっぱいでした。

 

来なくなる方がいるたびに、自分を責め

クラス開催がどんどん重くなり

前日にはいつでも

眠りが浅くなってしまうのです。

 

ついには・・

 

「どうしてヨガをしたいと思ったんだっけ?」

「どうしてこんなにお教室の予定を組んでしまったんだっけ?」

 

と、後悔のような気持ちが襲ってきます。

 

700円というお金を受け取ることが

とても悪いことのように感じてしまうこともありました。

 


 

お教室を開催できることの

有難さに気付く

お教室をはじめるときに、

心に誓ったことがひとつだけあります。

 

「ひとりでもヨガをしたいと

言ってくれる人がいるなら、

精一杯その時間を開催し続ける」

 

ということです。

 

このことを、何度も何度も思い出し、

確認しながら開催していました。

 

実際に1名でも参加者さんが

来てくれたらお教室は開催できるんです!

 

いちばん悲しいことは開催できないということ。

その日、どなたとも会えないこと

クラス開催が1回できなくなること

が一番悲しいことだと気づいたんです。


必要としてもらえている

有難さにしっかりと気づくことが出来たとき、

すっと気持ちが楽になりました。

 

1回きりで来なくなってしまった方のことも、

私の力不足を反省することと同時に

1回でも来てもらえたことに感謝

できるようになりました。

お教室とわたしを

選んでもらえるようになる

お教室に来て、

わたしと一緒に過ごしてもらえたときに、

どうやったら私のことを知ってもらえるかな、

このお教室らしさは何だろう?と、

いつでも考えていました。

 

出会ってくれたことに感謝しよう。

次に繋がったら嬉しいけれど、

選ばれないこともあると知っていよう。

 

悲しみだけではなくて、

そのひとつひとつの出来事から

学ばせてもらおうと決めていました。

 

この日に決めた!ということはなく、

続けているうちにだんだんと、

そう考えられるようになっていったのです。

 

それもみんな、お教室に

参加してくださった皆さん、

継続してくださった方、

1度きりだけだった方、

久しぶりにまた参加してくれる方、

さまざまな方たちに教えてもらいながら

学んできたことです。

 

全ては経験からでした。

 

どんな気持ちになるのか?

どうやって気持ちを維持するのか、

実際に全てを何度も繰り返しながら

経験したからこそちゃんと向き合い、

そのまま受け取れるように

なっていったのだと思います。

口コミから、

ブログでの集客に踏み出したとき

お教室をスタートしてから1年がたったころ、

ブログでの集客をはじめました。

 

お友達の口コミで開催していたのを、

ブログで知らない方に来ていただく

という決心はとても勇気のいることでした。

2009年ごろでは、まだSNSは一般的ではなく、
同じようにお教室をしている知り合いも
いなかったので手探りでした。

どんな方が来てくれるだろう?

そもそも・・来てくれるのだろうか?

知ってもらえるのだろうか?


自宅近くの集会所を

9時~13時1500円という

安い金額で借りることができたのは、

とても運が良かったと思います。

 

毎週月曜日に開催することを決め、

予約不要のクラスをスタートしました。

 

はじめ3ヶ月ほどは、

1名~5名ほどの開催でした。

 

参加費は5回券4,000円。

初回体験無料としました。

継続の方は皆さん4回券を購入してくださいました。

初回体験のみという方もとても多かったので、

出会った方の人数はとても多くなりました。

 

予約不要のクラスだったため、

当日まで何人来てくださるか

分からない状態でしたが、

このときも1名いらっしゃると

クラスが開催できる嬉しさでいっぱい!!

来てくださる皆さんには、

しつこいくらい心から毎回感謝をしっかり伝えていました。

ママたちの口コミの力は大きくて、

4か月ほどたったころには

人数が多くなり、

40畳のお部屋が狭く感じるほど

いつも賑やかに!

クラスあとには1時間のお弁当タイムをとり、

全員と必ずお話させていただきました。

家族の応援があると続けられる!
この活動について、

家族はどう思っていたか?というと・・

 

とっても喜んでくれていました。


何かアドバイスをもらったということは、

この頃はいちどもありませんでした。

 

とても自由に楽しそうに

開催している姿だけ見ていたと思います。

 

ひとつ相談したことは、

少し料金の高いお部屋を借りて

クラスを開催しようと思ったとき。

 

「3ヶ月は誰も来なくても挑戦してみたらいいよ」

と応援してくれました。

 

結果は・・レンタル料金を上回ることができずに

3ヶ月でその場所は諦めました。

 

環境を変えてクラスを行う難しさを

実感できたことや、

駅から近いからと選択したのですが

空日和の雰囲気に合わないことも分かり、

環境の大切さを実感することもできました。

この頃、大好きな環境である

自宅をスタジオにリフォームしたいな・・

という夢を持ち始めました。

ヨガの師匠の紹介で関わった

スタジオでメンターとの出会い
ある日、ヨガスタジオでクラスを

持つお話をいただきました。

 

そこで出会ったのは、市居愛さん。

スタジオオーナーであり、

JABC日本ベビー&チャイルドケア協会を

立ち上げた素晴らしい!

今では友人であり私のメンターです。

 

いつもヨガに参加してくれました。​

そうしているうちに、

JABC日本ベビー&チャイルドケア協会の

ベビーマッサージ指導者養成講座に

関わることが決まりました。

 

娘が1年生のころです。

ヨガとベビーマッサージ。

赤ちゃん連れのママが多かったsakoyogaで、

ママヨガの前にベビーマッサージを

取り入れるようになったとき、

参加者さんがもっと喜んでくださる姿に、

ベビーマッサージの効果を感じていました。

 

オイルをプレゼントしたり、

クラス料金を少し値上げするなど、

この頃にはすこしずつ

講師としての自信もついてきました。

 

自宅をリフォーム!

念願の自宅スタジオ完成

ずっと夢だった自宅のリフォームを

行う日がやってきました。

 

パパは新築で入ってから

まだ6年ほどしか住んでいない、

まだまだ綺麗な状態のお部屋を

リフォームすることに

賛成ではなかったのですが・・

 

楽しくクラスを開催している姿を

ずっと見てきたことが、

心をだんだんリフォームのほうへと

近づけていったのだと思います。

 

リビングと和室をひとつの空間にする

という大がかりなリフォームを考えました。

 

予算は150万円!

 

無垢の床と白い壁。

子ども達がきても危なくないように・・

TVは壁にかけられるよう

壁1面に木を貼りました。

 

家族が家に居ても

お教室ができることを考え、

トイレは廊下に出てから

利用する同線です。

 

うちはL字バルコニーのため、

なにかあったときには

ベランダからお教室を通らずに

キッチンも利用できます。

 

普通の家のリビングが

スタジオになりました♪

 

家に住みながらのリフォームは

思ったよりも楽しくて、

狭い1部屋でぎゅーっと過ごした日は良い思い出です。

お教室名を

【空日和】に変更、名前に込めた想い

ベビーマッサージをはじめたこと、

スタジオが完成したことをきっかけに、

 

お教室名を【空日和】としました。

 

からびなと読みます。

 

キャンプが大好きな我が家は、

カラビナをコレクションするのが好きでした。

 

響きも好きなんです♪

 

物と物をつなぐカラビナは、

登山等で命綱をつなぐ器具としても

使用されます。

 

命を繋ぐ!人と人を繋ぐ!という

意味を込めてみました。

 

空を見上げてあるけるようになったのは、

お教室を始めようと決めた

ヨガとの出会いでしたから

 

空を使いたくて。。

空日和でからびなにしたのです。

 

子育てには嬉しい日も、

悲しい日も、悩む日も、

感動する瞬間も!

いろいろな日がありますね♪

 

どんな日でもそのまんまの状態で

会いに来てもらいたい。

と思っています。

 

晴れの日・雨の日・風邪の日

くもり・嵐・虹・夕焼け・星空♪

さまざまな表情がある空。

 

どんな空の日和にも、

そのまんまで会いにきてね!

本当にそう思います。

 

元気になったら行こうじゃなくて、

元気がなくても行ってみようと

思ってもらえる場所に、

思ってもらえる私に

なれるよう成長していきたいと

日々がんばっています!!

ティナ先生との出会い

世界中でタッチケアを伝えている

「ティナ・アレン先生」と出会ったのは

JABC日本ベビー&チャイルドケア協会が

ティナ先生の協会の日本事務局を

しているからでした。

 

毎年ずっと講座開催のお手伝いを

させていただいています。

 

ティナ先生は出会う受講生みなさんに

惜しみない愛を与えてくださる人で、

どんなお子さん・ご家族さまにも

まるごと寄り添い、

心遣いの素晴らしい先生です。

 

2011年よりティナ先生のその講座に

ずっと関わらせて頂きながら、

どんどん、タッチケアの魅力を知り

指導者養成講座の講師としての

スキルアップも実感しています。

 

ベビーマッサージ・赤ちゃん体操の

通信講座の指導者養成講座を

長年担当している間に

もらったさまざまな質問に

答えてきたことも自信に繋がっています。

友人・メンター市居愛さんに

もらったたくさんの学び

ティナ先生との出会いは、

市居愛さんがティナ先生を日本に招き

講座を開催してくれたからこそです。

 

JABC日本ベビー&チャイルドケア協会の

講師として関わらせていただいてから、

毎日のように愛さんと一緒に

仕事をしていました。

 

愛さんの受講生への対応からも

学ぶことがとても多く、

その姿を隣でずっと見ていられたことは

本当に貴重な経験でした。

 

わたしもそうでありたい!と

心から願いながら受講生さんたちと関わり、

 

今では800名以上の卒業生を

担当させていただきました。

出会ったばかりの頃は、

ネガティブだった私は、

まいにち愛さんにカウンセリングを

受けていたようなものでした。

空日和(からびな)イベントの楽しさ

空日和に参加してくださる

みなさんのために、

イベントを開催してみました。

 

特技を持っているお母さんたちが

イベントを手伝ってくれることになり、

私は楽しみ!と同時に

集客がとっても心配になったのを覚えています。

 

せっかくブースを出してくれる方たちのために、

集客しなくては!!!と

2000部のチラシを配ったり、

当日まで心配でたまりませんでしたが、

当日は80組の方がご参加くださいました。

 

空日和のありがとうイベントでしたから、

ヨガブースは無料開催です♪

いつも通ってくださる方や、

1回だけでもう会えなくなってしまった方も

来てくださったのです。


その当時まだママイベントが

一般的ではなかったので、

空日和で出来たことが幸せでした♪

そして、お母さんたちが

初めてクラスをするお手伝いができた

喜びもありました。

ベビーマッサージ

ママヨガのみんなが成長するから・・

ベビーマッサージで2か月から

通って下さっていた方たちは、

お子さんの成長と共に空日和を卒業します。

 

仕方ないことだと思っていました。

 

でも卒業していくママたちに

「さと子さんに会いたい」とか

「空日和に通いたい」と言っていただくことが

嬉しくて♪

 

この先ももう少しだけ成長を見守り

一緒に喜べる空間が作れないか?と、

モンテッソーリを学びました。

 

娘の子育てはまさに

モンテッソーリそのものだった私には、

実体験からモンテッソーリ教育に

共感することができたのです。

子どもってすごいね、楽しいね♪と、

お教室で少しでもその気持ちを思い出したり、

感じたりしてもらいたいと思ったのです。

空日和の売上は・・

 

お教室で受け取った料金は

空日和のみんなの笑顔のためにまた

循環させたい!!


それは、本当に嬉しいことです。

私の成長として

私の経験や気持ちには、お金だけではない

貯金がどんどんたまっています。

 

空日和に、長く通って頂けたら嬉しいな。

そう思っています。

お教室をはじめようと・・

考えている皆さんへ♪

お教室を2008年にスタートしてから、

もう長くなってきました。

 

まだまだ空日和を大切に成長させたい!

と気持ちは変わらずわくわくで

いっぱいです。

 

今では

「空日和に行ってみたい」

「さとこさんから学びたい」

「空日和の教室を見学したい」

というお声がとっても多くなりました。

 

有難いことです♪


ただのマンションの一室です。

お教室時間以外は

家族がくつろぐリビングです。

 

期待以上のことはないかもしれません。。笑

 

でもよかったら遊びに来てくださいね。

 

ああこういうことか!と

自信がつくと思います。

 

難しいことはなにもないのです♪


今からお教室を始めようと

思っている方が読んでくださった

かもしれませんね、

 

頑張ってくださいね!

 

わたしに出来たことです。

クラスの前日に毎回眠れなくなる、

さとこでした。

1年くらいそうだったんですから♪

 

そんな私が時が経ち、

自信を持てる日も多くなりました。

 

それは、出会ってきた

何千人の方たちのおかげです。

 

だからね、

お教室開催される先生たちには、

どんどんお教室してもらいたいなって

思っています。

 

1人参加者さんが来てくれたら、

お教室はできますよ♪

 

その1人のために開催してくださいね。

 

お教室を、わたしを、

選んで来てくれた1人の笑顔を見られるなんて、

何て素敵なことでしょう。。

 

嬉しいですね。。♥

与えられた場所を大切にする!

長年の夢だった、

駅近くのお教室を2019年9月にスタートしました。

 

それまで空日和に通ってくださった

皆さんが引き続き参加してくださり、

とっても有難かったです。

 

コツコツ続けてきて良かった!


それと同時に、

自宅スタジオが愛されていたこと

を再認識しました。

 

駅前がいいですか?のアンケートには、

ほぼ全員が

駅から少し離れていても空日和スタジオがいい。

猫のそらくんに触れ会える時間が無くなるのは淋しい。

 

という回答だったからです。


私の夢は自分のお教室を

自宅以外で持つことでした。

それが叶ったと同時に、

自宅教室で開催できていた有難さを

しみじみと感じたのです。

 

でもこれは、いったん外に

出てみなくては気づかなかった事。


貴重な場所に出会えたことに

感謝しています。

 

家族は

「自宅でやったらいいのに!

ママは自宅が合っているよ、協力するよ」

と言ってくれています。

 

私の姿がそう、家族にもうつっていて嬉しいな。。

 

改めて、2020年4月以降は

自宅クラスをスタートしました。

 

自宅をスタジオにするという夢を叶え、

そこを飛び立つ夢を叶えたら、

またもとに戻る♪

私のお教室スタイルに合う

スケジュールでがんばっていきます。

ひとり・ひとり・を大切に。

 

私はママとして子育てでも

いろいろ経験してきました。

 

空日和ではカウンセリングも承っています。

指導者さんたちからのご相談も増えています。

​まだまだ成長期の空日和を、どうぞ宜しくおねがいします。

さとこに会いにきてくださいね。

 

おひとり、おひとりと過ごさせていただける

その出会いの奇跡に感謝しながらお待ちしています。

 

空日和

​​大野さと子

お問合せ

JR大船より徒歩15分 横浜市栄区笠間3-24
karabina@sage.ocn.ne.jp  |  Tel: 080-3009-3984

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon

© 2023 by Nick Erickson Physiotherapy. Proudly created with Wix.com